プリリジーは早漏にはとても効果のあるお薬ですが、病院で処方すると薬代がとても高いです。しかし、ネット通販を使うと安く購入できますし、同じ成分を使ったジェネリックもあるのでおすすめです。

  • ホーム
  • プリリジーのジェネリックの種類と価格

プリリジーのジェネリックの種類と価格

薬のケースを持っている人

プリリジーは高い医薬品になりますが、そのジェネリック医薬品であれば、お手頃な値段で購入することができます。
たとえば海外の医薬品を購入することができる個人輸入代行業者であれば、プリリジーが6錠13000円のところ、ジェネリック医薬品であれば10錠が1500円ほどになりますので、どれだけ価格破壊を起こしているのかがわかるはずです。
プリリジーはクリニックで処方してもらえますが、そのジェネリック医薬品であるポゼットは処方してもらえないことが多いです。
その事情をよく理解することが、プリリジーのジェネリック医薬品であるポゼットをうまく活用することができるでしょう。
厳密にいえばジェネリック医薬品ではなく、模倣品になります。
それでも成分はしっかりプリリジーと同じようにダポキセチンが配合されていますので、効果に疑いはありません。
ポゼットを製造している製薬会社はインドにあり、この国には医薬品に対する特許がありません。
このことからこのような価格破壊を起こす製品を販売することができます。
ただ医薬品ですので、安い理由だけで個人輸入で購入するのはリスクが伴うことを知っておきましょう。
一番大きいのは副作用のリスクです。
日本は公的機関が対応してくれる医薬品副作用救済制度がありますが、個人輸入の場合は利用することができません。
海外の医薬品は自己責任で使用しなければなりません。
ジェネリック医薬品を購入するのであれば、念のためにプリリジーを処方してくれるクリニックで診察を受けて、問題なく服用できれば個人輸入を利用するかたちの方が安心して服用できるはずです。
プリリジー自体副作用が少ない医薬品になっていますが、服用できない人もいますので、安全性を確かめて購入することが大切です。

関連記事