プリリジーは早漏にはとても効果のあるお薬ですが、病院で処方すると薬代がとても高いです。しかし、ネット通販を使うと安く購入できますし、同じ成分を使ったジェネリックもあるのでおすすめです。

  • ホーム
  • プリリジーのジェネリックは安い

プリリジーのジェネリックは安い

薬と葉

早漏を治療することができる薬として特によく知られているのは、世界で初めて早漏治療薬として発売された「プリリジー」と呼ばれる医薬品です。
この医薬品は日本国内では一部の泌尿器科や早漏治療専門クリニックで取り扱っているものの、厚生労働省で製造販売を承認していないため、基本的には病院や薬局で手に入れることはできません。
プリリジーを取り扱っている一部の医療機関は、厚生労働大臣から輸入の許可を得て、外国の市場に出回っているものを輸入して患者に提供しています。
したがって、プリリジーを手に入れる方法は、この医薬品を取り扱っている医療機関へ行く方法と、個人輸入代行サイトで自ら注文する方法の2つということになりますが、どちらの場合においてもネックとなる点があります。
それはプリリジーの価格です。
プリリジーは1錠あたりの価格の相場が2,000~5,000円程度となっていて非常に高いです。
通常、日本国内の医薬品は保険が適用できれば自己負担額を大きく減らすことができますが、プリリジーは外国製医薬品であるため、当然保険の適用対象外です。
よって、薬代は全額自己負担をしなければなりません。
早漏を薬によって改善したい人の中には、できるだけ出費をせずに治したいと考える人も少なくなく、この価格の高さは薬による早漏治療を躊躇させる要因になります。
もし、どうしてもプリリジーを使わなければならない理由が無いのであれば、この医薬品のジェネリック品の購入を検討すると良いでしょう。
例えば、インドの製薬メーカーが製造している「ポゼット」と呼ばれるプリリジーのジェネリック品は1錠あたり300円程度と、先発品の1割前後の価格で販売されています。
ジェネリック品は薬理作用が先発品と同じであるため、コーティングに使用されている成分が気にならないのであれば、ジェネリック品も十分考慮に入れられるでしょう。
こちらも本家プリリジーと同じくポゼットは個人輸入の方法で買うのがおすすめです。

関連記事